テーマ:大相撲

高砂親方まんが読む

またもや、高砂親方が話題を提供! 国技館での仕事中、マンガを読んでいたとのこと 現在の仕事は、監察委員。 国技館の2階で、やばい人が来てないか見張るお役目? 窓際族の座るポジションだろうか!? 苦境の角界にあっても 我、関せずとマイペースにふるまう態度に 業を煮やした何者かにちくられて、 金剛さんから口頭注意を受…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

運も実力、貴乃花と石原パチンコ。

何年かに1度という場所! 「今回、運をつかんだものは、実力のうちとみている。」 番付編成会議で、次場所名古屋で戦後最多の13人の力士が十両に... 幕下10枚目で4-3、幕下筆頭で3-4の負け越しでも関取りに! いくら空席が多く出来たとはいえ、異例づくめの処置である 背景には、ともかく番付の頭数をそろえないとお客さんからお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ、ペコちゃん!琴風豪規

だんだん、面倒くさくなって、世間からは忘れかけられつつある大相撲。 はたしてこのまま衰退し、いずれは消滅してしまうのか?! わたしも、40年来のファンのひとりとして残念でならない。 残念なのは八百長をやったことではなく、応援していた往年の名力士たちが 親方となり、使いなれない言葉を用いて悪戦苦闘していることだ。{%大変webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ところで、相撲取りどおしてる

関西では、センバツがはじまり春がやってくる。 大相撲春場所、二月堂お水とり、センバツが春の三大風物詩だ。 ことしは、やたら体の大きい相撲取りをみられず、何か物足りない。 八百長問題、もう今更、蒸し返さなくてもいいよ 昔からある事は、みんな知っていたし、人情から生まれるものであれば 容認してもいいでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百長?がんばれ!放駒親方。

八百長メールなるものが発覚して、またまた角界が揺れている。 魁傑さんも苦労症だな...人柄のよさそうな方だけにほんとうに同情する。 昭和40年代から相撲をみているが、いまさら八百長でもないだろう... そんなもの昔から、ありましたって!騒いでる方も薄々わかってるはず。 7-7で千秋楽を迎えた力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賜杯も中継も再開!がんばれ、魁傑!

ヤッターとガッツポーズ!うん、こういう時はいいんですね?...ガッツポーズ。 傍らの二所ノ関親方「その姿をみて、涙がこぼれそうになった」感動ですね。 もしここで、泣いてだきあってたら「かとうさんは、大将なんだからあウググ」 あれと一緒だったのに、ちょっと惜しかったかな? おっさん共感PART.2 それはそうと、魁傑さん。現役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和ワールドに共感! 理事長 放駒親方で良し!

すもうとりに、あまり難しいこと求めてやったらあかん! 外部の識者?先生方?あんた達は、すもうとりに頭では勝っていても ひとたび裸で土俵にあがれば、ひとたまりもないのだ! “そのことだけは、忘れるな!” by ハマコー やれ国技だからとか、神事でもあるから、品格を!品行方正に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ、高砂親方

アマチュア(近大)時代 輪島関(日大)に匹敵するタイトルを総なめにし、鳴り物入りで角界入りした元大関朝潮の高砂親方! 天賦の才能のみ?で大関となるも幕内優勝は1回?でしたっけ....。 強さを秘めながら精神面でのもろさ、いやおおらかさ、いやいやっ勝負に対する執着心の希薄さでしょうか?横綱になれなかった“大ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more