太子廟と桜

晴天に恵まれた先日、車で向かったのは 上の太子。聖徳太子ゆかりの河内3太子の一つでお彼岸でもありましたので まずは、太子の御廟があります聖徳廟へお参りすることにしました。 自宅から1時間足らずで到着しました。 ご覧の看板に迎えられた此処のお寺の名は、叡福寺。 通称上の太子と呼ばれ、一番奥に聖…
コメント:2

続きを読むread more

春の訪れ

暖冬のせいか?さほど待ち遠しいと思うこともなく 今年も春がやってきました。 たしか、大阪の桜開花予想は19日だったと思うのですが 生駒山ろくにある枚岡公園のさくらは最早3分咲き以上に... どう見ても、それくらいはいっていますよね。 うきうきとした気分になってきて、 まもなく今年も桜三昧のウォーキングシーズン…
コメント:2

続きを読むread more

春日山石窟仏

私の地元のハイキングサークルさん監修のマップをもとに 春日大社奥の遊歩道に入っていきました。 ただ山を歩いても仕方ないのでいくつかある石仏を目標にしました。 整備された遊歩道はなだらかな上り坂でして 登山を本業としない私にはちょうど良い負荷がかかります。 遊歩道なので、整備され歩きやすいのですが退屈でした(笑) …
コメント:2

続きを読むread more

十三峠

河内のど真ん中、お隣の八尾市のじゅうさん峠に行ってきました。 経路は、河内山本駅から近鉄信貴山線、服部川駅下車、山登りです。 小さな駅で降りて、北に向かって歩きました。 第一目的地の資料館は満員で密を避けるため立ちいらず 地図の取得だけにしました。 そして十三峠へ上がっていくことにしました。 辻にある地蔵さん…
コメント:2

続きを読むread more

太子ゆかりの寺

聖徳太子没後1400年ということでゆかりの地、王寺町に出かけました。 太子の愛犬ゆき丸がお出迎えです。 耐コロナ&受験生応援ヴァージョンも。 駅からゆきまるロード上のこの足跡をたどって行くと... 達磨寺に到着。 あるとき聖徳太子がこのあたりで哀れな飢人と出会い、施しをされま…
コメント:2

続きを読むread more

飛鳥の石造物

趣味は、何ですか?と聞かれ、飛鳥が好きで通っています。 と応えると、ほぼ全員が石舞台を語り、のどかないいところですね。 といって終わってしまいます。 数年前まで私も、そうでしたが、 還暦を過ぎて少し時間があるようになってきましたので 近鉄さんの発行されてるてくてくマップをもとに 飛鳥周辺をあちこち歩き回るようになりました。 …
コメント:2

続きを読むread more

飛鳥の考古学

国立飛鳥資料館で開催中の飛鳥の考古学2020に行ってきました。 普段私が、あちこち歩きまわっている遊歩道なんかの傍らで 文化財の発掘作業は、黙々と行われていて 今回は、そんな場所から発掘された物を集めて 冬の特別展示をしているというので行くことにしました。 前面道路は、難波津から都に至る最古道。 神宮…
コメント:2

続きを読むread more

河内二之宮

フェーズだのエビデンスだのコロナ横文字をおぼえようとしますが、 すぐ忘れてしまうきょうこのごろでございます。 コロナ罹患も心配ですが、むしろ覚えたての言葉を すぐさま忘却の彼方に追いやる自分の脳が心配デス。 さて、時節柄、地元歩きが中心の今日この頃ですが 晴天に恵まれた先日、久しぶりにウォーキングに出かけました。 近鉄バ…
コメント:2

続きを読むread more

辛丑(かのとうし)

今年初投稿です。本年も「どうかひとつ!」よろしくお願い致します。 暦によりますとこの令和3年の丑年は、あたまに辛いという字がついて ”かのとうし”だそうです。 感染拡大の続くコロナ禍の中、 おそらく今年もこの字のごとく辛口なのでしょう。 などと他人(ひと)ごとのように語っている私ですが 結構堪えているのも事実です。「いつ…
コメント:2

続きを読むread more

ニューノーマル

今月初の更新です。 どうやら、100年に一度の変革期に立ち会ってしまったみたいですね。 年頭、船でやってきたコロナは、この1年ですっかり世の中を変えてしまい 今までの常識がとおらなくなって、数々のニューノーマルが生まれました。 マスクしかり、消毒しかり、リモートしかり... ワクチンが配布され接種されたとしても、 もう完全に…
コメント:2

続きを読むread more

どちらかというと黄葉

ちょっと空きました。今月初投稿です。 せっかくの紅葉シーズンだったのですが、忙しさにかまけて? どうやら時機を逸してしまったみたいです(笑) 実は先々週、談山神社から明日香へ下ろうとして 桜井駅まで行ったのですが、バス待ち人のあまりの多さに取りやめたのでした。 すると後日、私の好きなブロガーさんが談山神社の紅葉を載せていました…
コメント:2

続きを読むread more

すすき野

すすき野といってもきれいなお姉さんのいるあの北の楽園ではありませんぞ(笑) 冗談はさておき、紅葉まで少し間がありますので、 平城宮跡にススキを見に行きました。 私の場合、冗談はすぐさておかないとついつい続いてしまいますので...(笑) 近鉄西大寺駅下車、巨大ショッピングモール奈良ファミリーを横目に、 地図も持たず、何の前情報も…
コメント:4

続きを読むread more

コスモス街道

77年の狩人のセカンドシングル、コスモス街道。 これも筒美さんかと思いきやちがいました。 こちらは、70年代マイベストソング、桑江知子の私のハートはストップ... と同一コンビの竜真知子作詞、都倉俊一作曲です。 前置きは、これくらいにしまして 今週、私は10月の誕生花でもあるコスモスを見るため出かけました。 本家コスモス街道…
コメント:2

続きを読むread more

南都七大寺

先日、どこかのお寺のいわれを読んでいた時、 南都七大寺というくくりがあることを知りました。 面子は、東大寺、大安寺、西大寺、興福寺、法隆寺、薬師寺、元興寺 語呂合わせでの覚え方は”東大は最高峰やがな”だそうです。(諸説あり) おっと、西大寺と大安寺の二つのお寺訪れてなかった! そこでさっそく出かけました。 まずは、近…
コメント:2

続きを読むread more

収穫の10月

ニュースで見た今年のおコメの作柄指数は101だとか? つまりは、ほぼ平年並みということですね。 まずは少しほっとした気持ちになりました。 さて、先日、私の大好きな明日香村を訪れましたところ 台風接近の予報のせいなのかどうなのか?平地の大きな田んぼでは 機械化されたやりかたで稲刈りが始まっていました。 たわわに! …
コメント:2

続きを読むread more

科挙

先日、古都飛鳥保存財団主催の「飛鳥学冠位叙任試験」が行われました。 今年は、コロナの影響で開催が危ぶまれていましたので あえて事前申し込みはせず、いちかばちか当日受付で参加しようかと考え とりあえずスタート地点の飛鳥駅に行きました。 昨年同様、駅前にテントが設置されていてほっとしました。 藤色の幟には、飛鳥学冠位検定”科挙”と…
コメント:2

続きを読むread more

明日香の彼岸花

明日香村を歩き始めて4年目に入りました。 飛鳥を訪れるほとんどのひとは史跡を巡るだけで満足されます。 私の場合も、最初の幾度かは史跡めぐりをしていたのですが 一通り有名な史跡や寺社を巡り終えてしまってからは、 仕方なく?棚田を中心とした里山歩きを始めてみました。 棚田100選、稲渕棚田ほぼ全景。 少し…
コメント:2

続きを読むread more

かかしコンテスト

ことしも明日香村に案山子たちが集まってきました。 本開催は20,21日ですが、 薄曇りのこの日、少し早めの見物に行ってきました。 今年のテーマは絆。これはママ友同士の絆を表したもの。 棚田のカエル家族は農作業中? ちょっと一息デスね... 絆をテーマにしたほっこり作品のかずかず。 …
コメント:4

続きを読むread more

70年代に浸る

アイドル時代幕開けの 70年代を代表するトップアイドルのひとり太田裕美。 わたしの記憶にはないのですが、別名、”元祖学園祭の女王。” 二十歳そこそこでそう呼ばれていたようです。 現代のコロナの女王にくらべるとずいぶん若いです(笑) 時々放送される懐かし系の回顧番組で流される彼女のVTRは、 ほぼ100パーセント木綿のハンカチ…
コメント:3

続きを読むread more

マイナポイント

いろんな行動に制限がかかったりして 思うに任せなかった今年の夏もそろそろおわり、 台風がやってくる季節になりました。 この9月というのは夏ともいえず秋ともいえず何とも言えない季節で 若いころは、夏の思い出に浸って感傷的になったりもしていたものです。 さて60代の今となっては、それはもう遠い昔。(笑) 現実を見つめましょう…
コメント:2

続きを読むread more