メニューの不適切表示

芝エビの定義は....そもそも、その昔、芝浦でとれたエビでして...
前の日に、紀伊国屋の立ち読みやウィキで調べてきた
付け焼刃な一夜漬け知識を文化人おばちゃんの評論家が
朝の番組で得意げに解説する。
芝エビがバナナエビ?とかいうエビだったり
霜降り和牛かと思いきや、
牛脂を注入して霜を降らせた?豪州産。
手作りチョコレートソースのはずが既製品???
まさか?魔差か?

頑なに誤表示であると唱え
現場の人を会見に引っ張り出してまでして自己責任を否定し
嵐が通過するのを待とうとした?阪急の社長さんは、
家族に諭されたのか?、第二の人生も長いと気づいたのか!?
翻意し、歯切れは悪いものの責任を取っておやめになった。
これでなんとか阪急沿線の住宅街を顔を上げて歩けそうだ。

ああ、「社員は悪くありませんから!悪いのは私共です!」
と顔をくしゃくしゃにして泣いた山いち証券の社長が懐かしい。

後任の社長さんはホテル出身で
早速、新聞にお詫び広告をだしておられた。

その甲斐あって?
こんどは近鉄さんが批判にさらされはじめた。
来春、ハルカスオープンを控える近鉄さん。えらいこっちゃ!
こちらは、ブラジル産鶏肉を大和鶏肉と長いこと謳っていたが
どう釈明する?現場が独断でやっていました....などとでも


たかが、食い物、されど食い物。
もうこのへんで詮索はやめたほうがよさそうだ!
きりがないからだ。うすうす感じているんだし.....
私としては、徹底的な真相究明が、なされないことより
気軽に、回転すしや外食チェーンで
飯が食えなくなるほうがよっぽど困るのだ。

鶏だと言って鶏を食わせ、牛だと言って牛を出す日本。

まだましだ!うさちゃんやにゃんたろう混ぜてる国もあるから...
そう思えば気も楽だし、腹立ちも収まるから不思議だ。
ホテル飲食業界では、胸に手を当て心配している方々が
星の数ほどおられると思いますが、

幸か不幸か世間の注目は
やまもとたろうちゃんのお手紙手渡し事件に行くでしょうから
一安心かと思います。

ですが、飲食業界のみなさんこれを機会に、今一度
”お客様は神様です”
(お見通しである)の格言をかみしめていただいて
今後は......
阪急さんの謝罪広告にあるよう誠実にお願いしたいと思います。
ではまた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント