テーマ:日記

原始蓮と古縁

家から、歩いて10分ほどのところに 「古事記」のなかでも詠まれている有名なハスが存在しています。 このハスは、古代より綿々と咲き続けているものらしく 聴くところによると一般的なやつより少し小ぶりだそうです。 ふんわりとしていて、見ていると安らぎます。 古事記に載っていることを紹介する石碑です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

閑古鳥

梅雨の晴れ間の先日 ちかつあすか博物館に出かけました。 子供のころは、勉強嫌いの私でしたが、 中学の頃、学校敷地内工事による文化財出土で考古学に興味を持ちました。 また、近くには、古墳群や貝塚などもありましたので そちらに出かけては土器や須恵器の破片を集めたりして 古代人のくらしに思いをはせたりしていました。 その名残で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

快適生活

人生100年時代到来!といわれはじめて2,3年たつでしょうか? 周りにも、そんな方々をちらほら見かけますが... 「じぶんはそうはおもいません!」 by あばれる君  あまりTVは視ませんが、体を張って頑張るあばれる君は贔屓にしています。 それはさておき... 還暦過ぎてからこっち、どうもあちこち痛かったりして すこしばか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画ハリエット

先日、映画が解禁されたので地元のシネコンに行きました。 本編上映開始3分ほど前に駆け込んだので定かではありませんが 十分ディスタンスを確保されたシートは快適で空調もバッチリ! しかしながら見渡したところ観客数は5,6名だったと思います。 お昼前ということでファストフードを持ち込んだのですが シャカシャカ言う音に気後れするく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つゆ

一時的にしろコロナも落ち着いてきまして 3か月余りにわたってワイドショウに出まくってきた コロナおじさんやコロナの女王も手持ち無沙汰になってきました。 視聴者も十分知識を得て、みんなすっかり専門家に... 雨上がりで花たちも生き生きとしてうれしそうです。 最近、いそがしく近隣の散歩でお茶を濁してます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マスク美人

暑くなってきてそろそろマスクを外したいのですが 今どきの社会通念上、そうもいきません! もう少し続く?窮屈なマスク社会において 個人的に、しいてよいことを挙げるとすれば、 女性の多数が美人に見えることでしょうか? 距離をとるため周りを注視しながら歩いていますと、 すれ違う女性のまなざしが自然と目線に入ってきます。 すると、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

解除

先日、勤務する公共施設のコロナ閉館が3か月ぶりに解かれました。 中高年の女性と子供さんたちの利用が多い文化施設ですが 正直、直近の稼働率は、 コロナ前に比べて10から20パーセントといったところで ほぼ、まったくと言ってよいほど客足は戻ってきません。 大人にすれば、子供や孫にうつしては大変と思うでしょうし 子供たちは、ス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

明けない夜はなし

正月明けて、しばらくするとコロナが船に乗ってやってきた。 そのうち終息と思い、対岸の火事?この時は、まだ他人ごとでしたが なんのことはなし、どんどんどんどん広がって まさかのオリンピック延期、野球もサッカーも相撲も全部中止と延期! 最近では身近な人間が感染しているのでは? いやっ、それより自分もすでに罹患者?などと疑心暗鬼とな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウィズ・コロナ

わが大阪は、吉村知事を筆頭にした官民一体の頑張りで 緊急事態宣言解除にむけて独自に設定されていた大阪方式 といわれる感染減少指針の数字を見事にクリアいたしました。 そして段階的な要請解除も始まりました。 しかし、お国の指定解除はまだなので、 あと2週間は気を緩めることなく自粛を続行しなければなりません。 がんばりましょう。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ハードル

まさかの国難で、今年の3分の1が経過しました。 コロナ禍の只中、医療従事者の方々他、 ある種命がけで働いてくださっている皆様に心から感謝しつつ わたくしは、すでにかかっているかもしれませんが、 単なる幸運で今週もこうして日常を語らせてもらえます。 さらに1か月続くことになった、緊急事態宣言。 自粛に次ぐ自粛、身辺にも少な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昭和ポップス

先日、マツコの知らない世界で昭和ポップスを取り上げて いろいろと語っていました。 20代の昭和ポップス愛好家男女が魅力を力説! ザ・ベストテンのランキングボードをつかって名曲を評価するというもので 私の崇拝する筒美京平氏の楽曲が多数登場していました。 かれらは、主に昭和ポップスのイントロのすばらしさについて語り 日本を代表す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いいことあるさ

趣味は、里山歩きとカラオケ! コロナの影響で3密にもあたる? カラオケはお店が休業中ということもあって行けず 里山のほうは、明日香村周辺をめぐるため、他県への移動自粛となり そちらもじっと我慢の日々... お家で過ごそう。ステイホーム!「先が見えんなぁ」 ちかごろのわたくしは、もっぱら家の片づけに奮闘中!? ようやく重い腰…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

手柄泥棒

卒業式も入学式もなく 自粛自粛で羽目外しもできなかった今年の春。 忍耐はまだまだ続く。 小さいマスクをつけた裸の王様は、コラボ動画で セレブ感を見せつけて反感を買った。 やることなすこと裏目に出てしまい もはや若手からは反旗が揚がろうとしているらしい。 おまけに自粛ムードの中、 あちこち出歩き反感を買う奥さんのこともあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐保川の桜

不要不急の外出はおやめください。 緊急事態宣言が発出されると他県への移動も制限されますので その前日、今年の桜の見納めに出かけました。 この日の出発点はこちらの公園。というかほぼ記念碑? 大仏鉄道!その昔、この鉄道がこのあたりを走っていたそうです。 どんなんかなぁー、仁鶴さんどうされてるのかなぁ... 自粛で…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜の道

休みに食っちゃあ寝えをくりかえしていると 糖尿などのせいかつしゅうかんびょうの リスクが高まる。 コロナとこういった成人病リスクのどちらの回避に重点をおくか? 今まさに高齢者の入り口に立つ私に突き付けられている問題です。 自粛続きで体調がすっきりしない現状、 長期のリスクを負いたくない私は、短期リスクに目をつぶって? てくて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まずは、地元の桜

外出せず家に閉じこもるということは、 結果として感染に係わらないことなので 拡大予防には、最高の良策でしょう! STAY AT HOME 『さくらは、来年もさく!ことしは花見をやめましょう!』 とはいえ、大の桜好きの私としてはこの時期じっとなんかしておられません。 アウトドアだし、ましてや早朝の散歩なら、人に迷惑は掛からな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奈良ならいいでしょ

うちの首長の吉村知事から連休中、不要不急の要件で 兵庫県へ往来せぬようにとのおふれがでました。 そこで、奈良ならいいんでしょ、ってことで 近鉄ローカル線のたびに出かけました。 めざすは、生まれてこの方未乗車の田原本線。 生駒経由、王寺下車乗り換えで新王寺より箸尾まで行きました。 そこからは、名所旧跡巡りのウォーキングです…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マスク生活

品薄が続き、職場での在庫も底をつきかけてきていることから 年長の同僚の方に譲り、最近までかけずに過ごしてきました。 しかし、そうもいっておられない状況になってきましたので 先日来、休日朝にドラッグストアの行列に参加し 一袋限りの割り当て分を購入して 人の多いところや接客の際、使用するようにしています。 ライブハウス、スポ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

壷阪寺の雛曼荼羅

コロナ禍により 高取町雛巡り2020が3/16からの短縮開催になってしまいました。 しかし、幸いその催しの中核をなす壷阪寺さんの大雛曼荼羅は 昨日より予定通り行われているようだったので出かけることにしました。 日本最大の山城、高取城址、で有名な高取町は、 明日香村の南隣にあり富山と並ぶ薬の町としても有名であります。 お出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天空の展望159

休みも残りわずか、新春の陽光に誘われ初詣ウォークに出発です。 正月の間は、参道沿いにあるガレージから車は出せないので 電車となります。 新石切から生駒、西大寺、神宮前、亀バスと乗り継いで やっぱり明日香に向かいました(笑) 亀バスの車内はガラガラ。そらそうよ! めざすのは、わたしにとっての未開の地、奥の奥明日香です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

158新年ごあいさつ

明けましておめでとうございます。 還暦過ぎたらはやいから... 本当にそのとおりですね。 改元の年でもあった昨年は、特にあっという間でした。 おかげさまで体調もなんとか維持できていて 仕事のほうも、一線を退いてはいるもののダブルでやっています。 どちらの勤務先も自転車で2,3分のところですので 少々夜遅くなっても苦になりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勤続表彰 157

私の会社では、毎年この時期に永年勤続者を表彰してくれます。 今年は、私も該当者でしたが残念ながら仕事の都合で ホテルでのパーティーには参加できませんでしたので、 先日、所属チームの上席の方が記念品を持ってきてくれました。 社員の模範と書かれ照れくさい表彰状と阪急の外商で用意された?記念の品。 気になる中身は?九州の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

宅建免許更新 156

朝から宅建講習会に参加してきました。 場所は、OBPツィン21のMIDタワー20階 時間は、9時半から4時半までひたすら我慢の7時間... 参加者は、約200名30代から70過ぎくらいまででほとんどは、おっさんです。 大阪ビジネスパーク前で下車。 北側の窓より北摂方面を望む。大阪は緑すくないな。 会場から見る大阪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

多武峰コース 155

錦秋、スポーツに最適な気候です。 好天間違いなしの先日、久々の山歩きに出かけました。 近鉄で西大寺経由、桜井駅~奈交バス臨時に飛び乗り談山神社へ 色づき始めた紅葉を見ながら、10分ほど山を登り山頂へ 上のほうが、紅葉はすすみ、こころなしかひんやり冷たい。 散在する石仏をながめながら、山道を下ってゆく。 世捨て…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

154飛鳥学入門

雨予報が外れ、かねてよりエントリーしていた 飛鳥学冠位試験に参加してきました。 今日は、歩きに来たので久々の近鉄電車です。 新石切、生駒、西大寺、橿原神宮前の経路をたどり 朝、9時半飛鳥駅に到着しました。 高貴な紫色ののぼりばたがで迎えてくれました。 あちらのテントで参加費1000円を払って受付です。前のおじさんの次…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

153ワンスアポンアタイム

先日、第2の地元八尾で久々に映画を観てきました。 ワンスアポンアタイムインハリウッド ディカプリオとブラピのW主演の映画です。 1969が舞台のアメリカ映画いや、ハリウッド映画でしょうか? 解説は、専門家やマニアの皆様に任せるとして、 わたしが、なぜ見に行ったかというと... まあ、そのまえにこの前の案山子さんの画像の続きを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

152案山子ロード

来たる9/21,22の土日、飛鳥の稲渕棚田案山子ロードで、 恒例の案山子コンテストが開かれます。 わたしが案山子コンテストを拝見するのは、まだ2回目ですが、 そこは行き慣れた場所... 先日、もう、そろそろ出そろっているかと出かけました。 すると、いまふうで言うなら、ほぼほぼでそろっていました。 そこで今回は、印象に残った作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

151夏の終わり

さわがしかったせみ時雨が一気に鳴りやんで、 ”ゆうぞらはれて、秋風ふく”の季節へと入ってきました。 蒸し暑く、体力を消耗する夏だったのですが こうして過ぎ去ってしまうと?なんだか寂しい感じがしてしまって 森山直太朗の夏の終わりや、トワエモアの誰もいない海 フォーリブスのあなたの前に僕がいたなんかを聴きながら 感傷に浸りた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

150暑中お見舞い申し上げます

筆舌につくしがたい暑さでございますね。 あまりのことで、ブログの更新を忘れてしまうくらいでした(笑) そう遠くない未来、こういう物忘れが高じてきて 重要なことや当たり前のことにまで及んできますと... すなわちそれは、認知症ということでしょうか。 まあ、今しばらくは大丈夫でしょう! ところでこの暑さ、まだ8月に入ったばかりで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

149断捨離のはずが

60才を過ぎたので、先日互助会の担当の方に ちょっとはやめにエンディングノートを頼んでおきました。 これまで忙しさにかまけて亡き両親の遺品整理も先延ばしにし、 一部ではありますが... また、それに輪をかけて、還暦を迎えたということで そろそろ自分の物も片付けはじめないといけなくなってきました。 きんちょうのなつ、かんれきの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more