飛鳥の石造物

趣味は、何ですか?と聞かれ、飛鳥が好きで通っています。
と応えると、ほぼ全員が石舞台を語り、のどかないいところですね。
といって終わってしまいます。
数年前まで私も、そうでしたが、
還暦を過ぎて少し時間があるようになってきましたので
近鉄さんの発行されてるてくてくマップをもとに
飛鳥周辺をあちこち歩き回るようになりました。
マップの史跡を巡っていきますと数々の石造物との出会いがあります。
そこで今回は、飛鳥歩きを繰り返す理由の一つにもなっている
石造物のご紹介をすることに致します。

GSC_0037 - コピー.JPG

吉備姫王墓内に配された猿石。近くの田んぼから?池から?出土したとか?

IMG_20200716_115625.jpg

人頭石。高取町、光永寺さんにあり。
見せてくださったお寺の方によりますと
彫ったのはペルシャ人だということです。驚きました。

IMGP0690.JPG

弥勒石、通称みろくさん。
型からもわかるように、しもの病気にきいてくださいます。
さすってもいいのかいな~(笑)

GSC_0036.JPG

猿石(高取)。高取城築城の折運ばれた石材で道しるべとして利用されたみたいです。
猿石としてはパート2扱いですが、わたしは、この石を一推ししています。
しんどい山道を登り、出会った時の感動は半端ありませんでした。

IMG_20200716_151426.jpg

サルの次は亀石。歴史的裏付けはないですが、飛鳥のシンボルです。

GSC_0085.JPG

高取山中、五百羅漢。
高取城址から下るハイキングコースは、荒れていて発見に手間取りました。

IMG_20180719_114813.jpg

元薬師寺跡にたたずむ庚申さん。おもわず手を合わせたくなります。

いかがでしたでしょうか?このほかにも...
メジャーなものでは鬼のまな板やせっちん。
マイナー系ではマラ石などなどまだまだありますが
それらを載せるには映えなかったり、すこし下品になったりしますので
こんかいは、控えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

石切ろうばしん
2021年02月20日 22:42
じゅうぶんでしょう!
私の知る限り、youは、こうふくじいさんベスト3に入りますわ。
そのうち大きくなったまごちゃんは、しげちゃんに興味を示さなくなりますが
落胆することなく小さな孫ちゃんにだきつきましょうね(笑)では、また。
ジイジイ
2021年02月20日 16:44
飛鳥煮は色々な石像があるんですね。金曜日に歩いたんですか奈良も寒いでしょう。距離も歩くから結構体は温まるんかな。無理しないように歩いて下さい。私は久しぶりに今日孫に会いに行ってきました。行けば上の孫 今年で5歳ですが行くとジイジイって言って飛びついてきてくれるので少し抱いて話してきました。下の孫ももうつかまり立ちするようになってるとかで抱いてきました。これだけでも癒やされます。