老人ホームでも虐待

おいおい、いったい幾つになったら安心して暮らせるんだ
そこそこのお金持ちじゃないと入れそうじゃない
介護付き有料老人ホーム。自ら進んで入居される方も多いと聞く 
「設備もいいし、これなら安心だ!」
ところが、思いもよらぬ落とし穴?が待ち受けていたのだった...

もともと優しさとか思いやりをもちあわせていないにもかかわらず
面接で綺麗事を言って採用されたごく一部の?
ストレス満開職員が、チーム一丸となって老女をいじめたのだ!

猫のように“お客様”の襟首をつかみ乗せた車いす、
若手職員は、携帯を触りながらウイリー走行を試みる

自転車やバイクで前輪を浮かせて走る競技走行だね

かたや中年のおっさんスタッフは、老女に平手打ちを!

日本全国津々浦々、老人の苦闘は今日も続く...

病院でも同じような話きいたことあるよ。

渡世の義理で?たまに面会に来る、かぞくに訴えても、
ぼけているからとなかなかとりあってもらえない

それでもしつこく訴えかける爺さんや婆さんに
そこまで言うのなら...家族は、おもいきって施設側に掛け合うが...
認知症ですからね!の一言にあえなく引き下がり

部屋に戻って、爺さん婆さんに、
「素直にゆうことを聴きなさい」
「年をとったら、かわいくしないとだめなのよ」
などとわけのわからぬ説教をする

きみは、キルトの家を視なかったのか!?
イヌエチケーは、10回くらい再放送すべきだ

「よろしくおねがいします。」と
作り笑顔のスタッフに声をかけ帰って行く家族...

さあ、またこれから虐待がくりひろげられる...
認知症をいいことに...

「よけいなこといいやがって!くそばばあ」などと言いながら
ストレス満開スタッフの連帯感は深まり、
虐待はエスカレートする

どうすりゃいいんだ!神はわれを見捨てられたのか!?

今回は隠しカメラという裏ワザで何とか救われたが

このようなことは、日本全国いたるところで
日常ちゃめしごとでおこっているとわたしは、推察している!

これだったら、アイリンやサンヤで
NPOかなんかのほんとに優しいひとたちに
見送られながら人生を終える流れもののおじさんの方が
ずっとしあわせじゃないか!

野田君とくびふり大臣に告ぐ
介護職への就職希望者には、学科やスキル以前に
嘘発見器を用いる適性試験の実施を法令化せよ!

そして難関を突破した人格者は厚遇されると良い。

税と社会保障の一体改革に必ず織り込むべし!

社会ネタにもかかわらず、
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

例によって一部フィクションを含む、※個人の感想です。
アシカラズ。では、また




老人虐待
星和書店
金子 善彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 老人虐待 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント